instagramfacebookYoutubeページトップへ

自分が現地に足を運ぶ事で、それに対して緊張感を持ってやってくれているのがわかるので、ここに来てよかったという充実感があります。自分が力になっている実感、組織の歯車ではない感じが大きなモチベーションになります。

入社のキッカケと仕事内容は?

前職では、中国と香港で生活をしながら雑貨メーカーで働いていました。
将来を考えて、帰国し転職活動をしていた時、たまたまシービージャパンを見つけました。当時は、シリコン製品がバブルな状態だったのですが、シービージャパンは、その扱う物量が多くて驚きました。空輸もしていたというぐらい忙しくて、中国の現地で管理ができない!という状況を知り、「自分の経験がそのまま活かせる」と思い就職しました。タイミングが本当によかったですね。

仕事は品質管理です。品質の向上と言っても、工場全体の品質を上げていくつもりで、工場を回ってダメ出しをして指導をしています。工場が良い形になってくれば、自然と品質というのは上がってきます。具体的には、工場で各商品の不良率を1%以下という目標を掲げています。

仕事の厳しさは?

海外に出て行き、直接工場と商談をしなくてはいけない。それには、現地の言葉でのコミュニケーションが大事なので、それを今までずっとやってきているので、「やっぱり小山が来てくれたのだから、コストここまで落とそうか、じゃあ頑張るよ俺も」って言ってもらえるのが、やりがいを感じます。
他の工場でも、自分が現地に足を運ぶ事で、それに対して緊張感を持ってやってくれているのがわかるので、ここに来てよかったなという充実感はあります。自分が力になっている実感、組織の歯車ではない感じがモチベーションになります。

将来的にもっといろんなカテゴリーで、市場にシービージャパンの商品が出てくると思います。そこで必要となる法令や素材に関する知識の習得をしていかなければいけない。また、現地の言葉でのコミュニケーションはとても大事だと思っているので、今からでも、タイやインドネシアなど、現地の言葉を習得していきたいですね。

職場の雰囲気と魅力は?

良い意味で家族です。 大きい家族みたいで、アットホームですけど、そこが、邪魔する場合もあります。
ただ、居心地が良いです。入社当初から会長とも屈託なく話をしていましたし、すごく馴染んでいました。基本的にあまり人見知りはしないので、自分からも話かけたりしますから、すぐ打ち解けたのかなとは思います。転職組にも温かいと感じました。

これだけ多様な商品を扱っているのに、ルールというものがあまり無かったので、最初は戸惑いました。その分、自分の言いたいことが素直に言えて、その意見が通っていくのは、逆にやり易い面でもあるとも思います。

1日の仕事の流れ

8:00 出社、朝礼
9:00 1日の予定の確認
10:00 各種問合せ対応
11:00 メール
12:00 昼食
13:00 顧客対応
14:00 お申し出商品現物確認
15:00 工場への連絡
16:00 修理・交換対応
17:00
18:00 1日の業務のまとめ、退社

私のオススメ

『モケット』というブランケットと毛布がまざったようなもので、大きさは大人用と子ども用があります。
この中に人が入っても寒くならない。うちの子どもが使っていますけど、寝相が悪くて、普通の毛布だと出ちゃうんですよね。
これは全部袋状になっていて出ることができないので、子どもが朝まで寒い思いをしないと、これはほんとにいいものだと思っています。肌触りも最高です。また中と外もタッチが違うので。モケット最高です!